カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)

収集データ 説明 使用目的
構成および使用状況データ Citrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)では、Windows向けCitrix Workspaceアプリの構成および使用に関するデータが収集され、そのデータがCitrixとGoogle Analyticsに自動的に送信されます。 このデータは、Citrix Workspaceアプリの品質、信頼性、およびパフォーマンスを向上させる目的で使用させていただきます。

追加情報

お客様のデータはCitrixとの契約条件に基づいて処理され、Citrix Services Security Exhibitの定めるところにより保護されます。「Citrix Trust Center」にある「Citrix Services Security Exhibit」を参照してください。

また、CEIPの一環として、Google Analyticsを使用してCitrix Workspaceアプリから特定のデータを収集します。Google Analyticsのために収集されたデータのGoogleでの取り扱い方法について確認してください。

CitrixおよびGoogle AnalyticsへのCEIPデータの送信は停止することができます。以下を実行します:

  1. システムトレイのCitrix Workspaceアプリアイコンを右クリックします。
  2. [高度な設定] を選択します。 [高度な設定] ダイアログボックスが表示されます。
  3. [データ収集] を選択します。
  4. [いいえ] を選択してCEIPを無効にするか、参加を見送ります。
  5. [保存] をクリックします。

Google Analytics用に収集された2つのデータ要素(2番目の表で「*」でマーク)を除いたほかのCEIPデータの送信を停止できます。

Citrixが収集する特定のCEIPデータ要素は次のとおりです:

       
オペレーティングシステムバージョン Workspaceアプリバージョン 接続されている外部デバイス 画面解像度
Flashのバージョン Desktop Lock構成 タッチ対応 認証構成
セッションの起動方法 グラフィック構成 Desktop Viewer構成 印刷
接続エラー 起動時間 Workspaceアプリの言語 VDA情報
SSONの状態 インストーラーの状態 インストール時間 接続プロトコル
Internet Explorerバージョン      

Google Analyticsが収集する特定のCEIPデータ要素は次のとおりです:

       
オペレーティングシステムバージョン* Workspaceアプリバージョン* 認証構成 Workspaceアプリの言語
セッションの起動方法 接続エラー 接続プロトコル VDA情報
インストーラー構成 インストーラーの状態 クライアントのキーボードレイアウト ストア構成
自動更新の設定 コネクションセンターの使用状況 アプリ保護構成 オフラインバナーが表示される理由
カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)

この記事の概要