埋め込みブラウザーでのセキュアなSaaSアプリ

Citrix Workspaceアプリには、SaaSアプリを起動するためのブラウザーが組み込まれています。

注:

  • Webのワークスペースでは、SaaSアプリは、Citrix Workspaceブラウザーではなく、クライアントに設定されているデフォルトのブラウザーでのみ起動します。
  • ICAセッションアプリとセキュリティ保護されたSaaSアプリのユーザーエクスペリエンスが異なる場合があります。

組み込みブラウザーでは、以下のような機能をサポートしています:

  • ツールバー
  • クリップボード
  • 印刷
  • ダウンロード
  • 透かし

Citrix Workspaceアプリ上のこれらの操作へのサポートは、Citrix Secure Private Accessのポリシー構成に基づきます。

アプリの起動

注:

  • SaaSアプリを起動できるようにするには、管理者がCitrix Secure Private Accessのポリシー構成でアプリを設定している必要があります。
  • SaaSアプリセッションを再開すると、ポリシー構成に加えられた変更が適用されます。

詳しくは、Citrix製品ドキュメントの「Citrix Secure Private Access」を参照してください。

SaaSアプリを起動するには、以下の手順を実行します:

SaaSの権限があるCitrix CloudのストアURLでCitrix Workspaceアプリを構成します。

  1. ドメインユーザーの資格情報を使用してCitrix Workspaceアプリにログオンします。構成されたSaaSアプリが表示されます。
  2. アプリのアイコンをクリックして起動します。

    アプリが起動します。シングルサインオンが有効な場合、アプリに自動的にサインインします。

埋め込みブラウザーでのセキュアなSaaSアプリ

この記事の概要