複合USBリダイレクト

USBサポート機能により、Citrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaS(Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの新名称)上で作業しているときにさまざまな種類のUSBデバイスを使用できるようになります。

この機能では、フラッシュドライブ、スマートフォン、PDA、プリンター、スキャナー、MP3プレーヤー、セキュリティデバイス、およびタブレットなどのUSBデバイスがサポートされます。

Desktop Viewerのツールバーで [基本設定] を使用して、仮想デスクトップでUSBデバイスを使用できるようにするかどうかを制御できます。

USBデバイスのアイソクロナス機能は、一般的な低遅延/高速LAN環境でサポートされます。USBデバイスには、Webカメラ、マイク、スピーカー、ヘッドセットが含まれます。

このサポートにより、Microsoft Office CommunicatorやSkypeなどのパッケージでこれらのデバイスを使用できるようになります。

以下の種類のデバイスは、仮想アプリと仮想デスクトップのセッションで直接サポートされるます:

  • キーボード
  • マウス
  • スマートカード

注:

特殊用途のUSBデバイス(Bloombergキーボードや3Dマウスなど)では、USBサポート機能が使用されるように構成できます。Bloombergキーボードの構成について詳しくは、Citrix製品ドキュメントのBloombergキーボードの構成に関するセクションを参照してください。

デフォルトでは、特定の種類のUSBデバイスがCitrix Virtual Apps and DesktopsおよびCitrix DaaSで動作しないように設定されています。たとえば、内部USBでシステムボードに装着されたネットワークインターフェイスカード(NIC)の場合、このデバイスのリモート操作は適しません。

次の種類のUSBデバイスでは、仮想アプリおよび仮想デスクトップでの使用はデフォルトでサポートされていません:

  • Bluetoothドングル
  • 統合されたNIC
  • USBハブ
  • USBグラフィックアダプター

USBハブに接続されたデバイスは仮想デスクトップで使用できますが、USBハブ自体はリモート処理できません。

次の種類のUSBデバイスでは、Citrix Virtual Appsセッションでの使用はデフォルトでサポートされていません:

  • Bluetoothドングル
  • 統合されたNIC
  • USBハブ
  • USBグラフィックアダプター
  • オーディオデバイス
  • 大容量記憶装置デバイス

仮想アプリおよび仮想デスクトップのセッションでは、分割されたUSBデバイスは [デバイス] のDesktop Viewerで表示されます。また、[基本設定] > [デバイス] から分割されたUSBデバイスを表示できます。

Citrix Virtual Appsセッションでは、分割されたUSBデバイスはコネクションセンターで表示されます。

複合USBリダイレクト

この記事の概要