Exchangeアカウントの追加

Secure Mailで、複数のExchangeメールアカウントを追加し、それらを切り替えることができます。メール、連絡先、カレンダーを1か所で監視できます。

注:

この機能は、iOSとAndroidで利用できます。

はじめに

  • 追加のアカウントを構成するには、ユーザー名とパスワードが必須です。
  • Citrixでは共有デバイス上で複数のアカウントを構成しないことをお勧めします。

管理の前提条件については、Citrix製品ドキュメントの記事「複数のExchangeアカウント」を参照してください。

iOSおよびAndroidでExchangeメールアカウントを追加するには

  1. Secure Mailを起動し、ハンバーガーアイコンをタップしてから、[設定] アイコンをタップします。

  2. [アカウント] で、以下を実行します:
    • iOSの場合:[Exchangeアカウントの追加] をタップします。
    • Androidの場合:編集したいアカウントをタップします。
  3. Androidの場合、[アカウント] 画面で各フィールドを編集します。iOSの場合、Exchange画面で新規アカウントの資格情報を入力します。

    iOSの場合、オプションで以下のパラメーターの値を設定できます:

    • メールの同期期間: タップしてメールの同期期間の値を選択します。設定した値により、Secure Mailで同期されるメールの同期日数が指定されます。管理者はデフォルト値を設定しています。
    • これをデフォルトアカウントにする: タップして、新規アカウントを自身のデフォルトアカウントとして設定します。この値はデフォルトでは [オフ] に設定されています。
  4. Androidでは、[保存] をタップして操作を確定するか、[キャンセル] をタップして [設定] 画面に戻ります。

    Androidの[アカウント]詳細画面の画像

iOSでは [サインオン] をタップしてアカウントを作成します。

iOSでアカウントを編集するには

パスワードとメールアカウントの説明を編集できます。

  1. Secure Mailを起動し、ハンバーガーアイコンをタップしてから、[設定] アイコンをタップします。

  2. [アカウント] で、編集するアカウントをタップします。

  3. [アカウント] 画面で各フィールドを編集します。

  4. [保存] をタップして操作を確定するか、[キャンセル] をタップして [設定] 画面に戻ります。

iOSおよびAndroidでアカウントを削除するには

  1. Secure Mailを起動し、ハンバーガーアイコンをタップしてから、[設定] アイコンをタップします。
  2. [アカウント] で、削除するアカウントをタップします。
  3. iOSの [アカウント] 画面またはAndroidの [アカウントの詳細] 画面:画面最下部の [アカウントの削除] をタップするか、[キャンセル] をタップして [設定] 画面に戻ります。
  4. [削除] をタップして操作を確定します。

注:

デフォルトアカウントを削除すると、次のアカウントがデフォルトアカウントになります。

デフォルトアカウントを設定するには

Secure Mailでは、以下の場合にデフォルトアカウントが使用されます:

  • メールの作成時: [差出人:] フィールドに、デフォルトアカウントのメールIDが自動的に入力されます。
  • カレンダーイベントの作成時: [主催者] フィールドに、デフォルトアカウントのメールIDが自動的に入力されます。
  • アプリバッジ数: デフォルトアカウントの未読メール数が示されます。

1つ以上のメールアカウントを追加する場合、作成する最初のアカウントがデフォルトアカウントとなります。デフォルトアカウントを変更するには、[設定]>[全般]>[デフォルト] に移動します。

[デフォルトメール] 画面で、デフォルトに設定するアカウントをタップします。

iOSで、[設定]>[アカウント] に移動して、デフォルトに設定するアカウントをタップすることもできます。[アカウント] 画面で、[このアカウントをデフォルトアカウントにする] 機能を有効にします。

複数のExchangeアカウントの設定

複数のExchangeアカウントが構成されている場合、一部のSecure Mail設定は各Exchangeアカウントに個別に適用できます。一方、すべてのアカウントにグローバルに適用される設定もあります。以下の設定はiOSのアカウント固有です:

  • デフォルト
  • 通知
  • 自動更新
  • 不在
  • メールの同期期間
  • S/MIME
  • オフラインファイル
  • 署名
  • ローカルの連絡先と同期する
  • 設定のエクスポート

以下の設定はiOSのアカウント固有です:

  • デフォルト
  • 通知
  • 不在
  • 受信トレイの同期頻度
  • メールの同期期間
  • メールを同期する
  • S/MIME
  • オフラインファイル
  • 署名
  • クイック返信
  • カレンダーを同期する
  • 連絡先を同期する
  • ローカルの連絡先と同期する
  • 設定のエクスポート

これらの設定は[>]アイコンと共に表示されます。[>]アイコンをタップすると、デバイス上のアカウントが表示されます。

特定のアカウントに設定を適用するには、[>]をタップして設定アイテムを展開し、メールアカウントを選択します。

注:

iOSでインポートできるのは、あらかじめエクスポートしておいたデフォルトアカウントまたはプライマリアカウントのSecure Mail設定のみです。

iOSとAndroidのメールボックス画面

[メールボックス] 画面には、構成されているすべてのアカウントが表示されます。この画面には以下のビューが含まれます。

  • すべてのアカウント: 構成されているすべてのExchangeアカウントのメールが含まれます。デフォルトでは、[すべてのアカウント] メールボックスはグローバルビューです。このビューには、デバイスに構成されているすべてのExchangeアカウントの添付ファイルとメールが含まれます。
  • 個別のアカウント: 個別のアカウントのメールとフォルダーが含まれます。これらのアカウントはリストとして表示され、展開してサブフォルダを表示できます。

Androidでは、メールボックスを表示するには、Secure Mailを開いてハンバーガーアイコンをタップします。[メールボックス] 画面で、アカウントをタップしてオプションを展開します。

[スライドアウトメニュー]オプションの画像

[すべてのアカウント] ビューには、複数のアカウントからのメールがまとめて表示されます。ただし、次の操作では、デフォルトアカウントまたはプライマリアカウントのメールアドレスが使用されます:

  • 新しいメッセージ
  • 新しいイベント

[すべてのアカウント] ビューからメールを作成中、送信者のメールアドレスを変更できます。[差出人:]フィールドでデフォルトのアドレスをタップし、表示されるメールアカウントから別のアカウントを選択します。

メールアカウント選択の画像

注:

[会話]ビューからメールを作成すると、[差出人:] フィールドに会話の宛先のメールアドレスが自動的に入力されます。

個別のアカウント

デフォルトアカウントやプライマリアカウントは常に最初に表示され、その後に他のアカウントがアルファベット順に続きます。

個別のアカウントには、作成済みのサブフォルダが表示されます。

Androidでは、サブフォルダーは次のように表示されます:

サブフォルダーの画像

以下の操作は、個別のアカウントのみに制限されています:

  • アイテムの移動。
  • [会話]ビューからのメールの作成。
  • vCardのインポート(Android)。
  • 連絡先の保存。